猫の駆虫剤

猫の駆虫剤

読書の時間 : 2

猫は、汚染された食物や水の摂取、感染した獲物の摂取、他の感染動物との接触など、さまざまな方法で内部寄生虫に感染します。子猫は免疫システムがまだ発達中で、母親から感染する可能性があるため、内部寄生虫に対して特に脆弱です。

なぜ猫の駆虫をするのですか?

まず第一に、私たちの猫は独立した存在であり、長い外出や狩りをするのが好きなことを認識する必要があります。猫の中には、毎晩家を出て朝になると帰ってくる子もいます。したがって、他の動物によって汚染される可能性があります。

猫は、回虫、条虫、原虫など、さまざまな種類の内部寄生虫に感染する可能性があります。

これらの寄生虫は、猫に次のような健康上の問題を引き起こします。

  • 下痢、
  • 嘔吐、
  • 体重減少、
  • 食欲障害
  • 腸の炎症。

猫に定期的に駆虫薬を与えることが必要です。 健康を保ちます.

さらに、一部の腸内寄生虫は人間にも伝染し、人間に病気を引き起こす可能性があります。したがって、駆虫薬を定期的に使用して、猫とあなたの家族をこれらの寄生虫から守ることが不可欠です。

つまり、猫の駆虫を定期的に行うことで、内部寄生虫によって引き起こされる健康問題を防ぎ、家族の健康を守ることができます。

こちらもお読みください:   このマッサージブラシは犬のお風呂にどのような革命をもたらしますか?

猫の駆虫はいつ行うべきですか?

駆虫薬を服用する頻度は?

猫に駆虫薬を投与する理想的な時期は、使用している駆虫薬の種類と猫の個々の状況によって異なります。一般的には猫の駆虫が推奨されています 3~6か月ごと, ただし、これは猫の年齢、健康状態、ライフスタイル、住んでいる環境によって異なる場合があります。

環境やライフスタイルに応じた駆虫薬の年間投与回数は?

あなたの猫が家の外に出て他の動物と接触したり、獲物を狩ったりする場合、内部寄生虫にさらされる可能性が最も高い可能性があります。この場合、他の動物と同様に、駆虫薬をより頻繁に投与することが推奨される場合があります。 3ヶ月。あなたの猫が室内で暮らしており、他の動物と接触していない場合は、他の動物と同様に駆虫薬を与える頻度を減らす必要があるかもしれません。 6ヵ月.

メーカーおよび獣医師の推奨に従ってください。

ワーマーの製造元の指示に従うか、獣医師にアドバイスを求めて確認してください。

  • 猫に駆虫薬をいつ与えるべきか
  • 適切な投与量はどれくらいですか。ペットの体重によって異なります。

また、一部の駆虫薬は誤って使用すると猫に有毒となる可能性があるため、最初に獣医師に相談せずに猫に駆虫薬を投与しないことをお勧めします。

猫用のワームはどれ?

いくつかのオプションがあります 猫の駆虫剤特に:

  1. タブレット : これらの駆虫錠剤は経口投与され、猫の腸内の虫を殺します。いくつかの形式と用量で入手できます。獣医師から購入するか、オンラインで購入できます。
  2. 生地 : これらの駆虫薬は経口でも投与されます。これらはチューブで入手でき、猫の口に直接投与することも、食べ物に混ぜて投与することもできます。ペーストはペットが受け入れやすいように味付けすることができます。
  3. 注射 : 獣医師は、猫の皮膚に注射という形で駆虫薬を投与することができます。このオプションは、猫が経口薬を服用するのが難しい場合に役立つ場合があります。
こちらもお読みください:   犬の健康のために必要なケア

最後に、獣医師の診察を受けて、動物の健康状態が良好であることを確認します。あなたと話した後、毛玉に投与する駆虫薬についてアドバイスします。そして最後に、治療を繰り返す必要がある頻度についてアドバイスします。

  • フローレンス・ルバートン

    フローレンス・ルバートンは情熱的なペット愛好家であり、ペットの飼い主でもあります。フローレンスは、毛皮で覆われた仲間を世話するための最良の方法をペットの飼い主に教育することに人生を捧げてきました。トレーニング、栄養、グルーミング、行動に至るまで、彼女は豊富な知識を持っており、ペットの飼い主が動物についてよりよく理解できるよう、それらを飼い主と共有するのが大好きです。

ニュースレターの更新

電子メール アドレスを入力してニュースレターを購読し、最新ニュースを受け取ります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です