ボーダーコリー - 最も賢い犬

世界で最も賢い犬種: 信じられないでしょう

読書の時間 : 2

犬の知能は興味深いテーマです。すべての犬がそれぞれ独自の性格と能力を持ってユニークであることは明らかですが、一部の犬種は優れた知能で知られています。世界で最も賢い犬種はボーダーコリーですが、その理由は次のとおりです。

ボーダーコリー:生まれながらの羊飼い

ボーダーコリーはイングランドとスコットランドの国境地域が原産です。この犬種は家畜の群れと管理のために開発されました。これらの犬は以下のおかげでこの任務に優れていました。

  • 彼らの知性、
  • 彼らのエネルギー、
  • 彼らの仕事への献身。

ボーダーコリーは、他のどの犬種よりも早く新しいコマンドを理解する能力があることで知られています。犬の心理学の専門家であるスタンリー・コーレン教授によると、典型的なボーダー・コリーは、たった5回繰り返すだけで新しいコマンドを理解でき、そのときの最初の要求に応じてコマンドに従うそうです。

ボーダーコリー - 最も賢い犬

ボーダーコリーのインテリジェンス

ボーダーコリーの知性は、さまざまな複雑なタスクを学習して実行する驚くべき能力によって証明されることがよくあります。この品種は、敏捷性、従順性、および高い知性と学習能力を必要とするその他のさまざまな犬種競技に優れています。

ボーダーコリーは、犬が激しい視線で動物を見つめる家畜管理方法である「目」または「目の力」でも有名です。他の動物の行動を理解し、操作するこの能力は、動物の優れた知性のもう 1 つの例です。

こちらもお読みください:   キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

注目すべき事例

非常に賢いボーダーコリーの注目すべき例は、1,000語以上を学習したチェイサーであり、その功績は世界中で見出しを飾りました。チェイサーは、1,000 を超えるさまざまなオブジェクトの名前を理解できるだけでなく、それらのオブジェクトをその特性に基づいて分類し、除外などの概念を学習することもできました。

驚くべき知性

ボーダーコリーの驚くべき知能により、彼らはその目的で飼育された仕事に優れているだけでなく、次のような他の多くの役割にも適しています。

  • 介助犬、
  • 捜索救助犬、
  • そして映画やテレビの俳優としても。

ボーダーコリーは非常に賢い犬種である一方で、精神的および肉体的に多くの刺激を必要とすることに注意することが重要です。したがって、この品種は万人向けに作られたものではないため、特定のニーズを満たすことができる飼い主が採用する必要があります。

結局のところ、犬の知能はその品種に大きく左右されますが、それ以上に受ける訓練と刺激に大きく左右されます。すべての犬には学習し成長する能力があり、私たちに喜びと満足感をもたらす独自の能力を持っています。

出典:

こちらもお読みください:   最も賢い5匹の犬: 4本足のシャーロック・ホームズをご紹介します
  • フローレンス・ルバートン

    フローレンス・ルバートンは情熱的なペット愛好家であり、ペットの飼い主でもあります。フローレンスは、毛皮で覆われた仲間を世話するための最良の方法をペットの飼い主に教育することに人生を捧げてきました。トレーニング、栄養、グルーミング、行動に至るまで、彼女は豊富な知識を持っており、ペットの飼い主が動物についてよりよく理解できるよう、それらを飼い主と共有するのが大好きです。

ニュースレターの更新

電子メール アドレスを入力してニュースレターを購読し、最新ニュースを受け取ります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です