犬の不妊手術

犬の去勢手術: 知っておくべきことすべて

読書の時間 : 3

犬の去勢手術は、多くの飼い主がいつかは決断しなければならないことです。不妊手術、去勢手術(男性の場合)または卵巣子宮摘出術(女性の場合)は、 外科的介入 これには犬の生殖器官を切除することが含まれます。一般的には成犬に行われますが、子犬にも行うことができます。去勢手術は一般的で安全な処置であり、犬の健康に多くのメリットをもたらします。この記事では、滅菌の利点と行動への影響を探り、このプロセスをより深く理解するのに役立つよくある質問に対処します。

犬の去勢手術のメリット

滅菌オファー 多くの利点 愛犬の健康のために:

  • がんのリスクの軽減 :去勢手術を受けた犬は、子宮がん、卵巣がん、乳がん、精巣がん、前立腺がんなど、特定の種類のがんを発症するリスクが減少します。
  • 尿路感染症のリスクの軽減:避妊手術を受けた雌犬は発情期ではないため、尿路感染症のリスクが軽減されます。
  • 望ましくない行動のリスクの低減:去勢手術を受けた犬は、次のような望ましくない行動を示す可能性が低くなります。 吠えている 過剰さと攻撃性。男性の場合、去勢により、過剰な縄張り意識や配偶者を求めて逃げる傾向など、生殖本能に関連する望ましくない行動が軽減されることがよくあります。
  • 行動の改善: 去勢手術を受けた犬は通常、 穏やかな そして避妊されていない犬よりも愛情深い。女性の場合、不妊手術により、この時期に伴う発情や興奮、過敏症などの行動が抑制されます。これらの要因を排除することで、家の中で他の動物との共同生活を改善し、特定の行動上の問題を回避できます。
こちらもお読みください:   猫の健康のために必要なケア

犬の避妊手術はいつ行うべきですか?

犬の去勢手術に最適な時期は通常、生後6〜9か月です。女性の場合は最初のヒート後に行うことをお勧めします。一般的に、若いメス犬には、 最初のヒート 11ヶ月から12ヶ月の間。犬の大きさや品種にもよりますが、効果は3週間ほど持続します。犬の年齢、品種、健康状態に応じて、犬の不妊手術を早めたり遅らせたりすることが可能です。いくつかの研究では、早期の不妊手術が健康と行動に何らかの利点をもたらす可能性があることを示しています。個別のアドバイスが必要な場合は、必ず獣医師に相談してください。

犬の不妊手術

滅菌はどのように行われるのですか?

滅菌手術は以下の条件で行われる外科手術です。 全身麻酔。獣医師は犬の腹部を切開し、生殖器を摘出します。この手順は通常 30 分から 1 時間かかります。

滅菌後

不妊手術後、犬は麻酔から落ち着くまで数時間動物病院に滞在する必要があります。彼は家に帰ったら、 絶縁カラー 傷をなめるのを防ぐために数日間。犬に出血や感染症などの合併症がないかどうかを監視することも重要です。

避妊・去勢手術には多くの利点がありますが、特定の懸念事項を考慮することが不可欠です。滅菌後は、 エネルギーの必要性 犬の体重が減少し、体重増加につながる可能性があります。したがって、健康的な体重を維持するために、必ず食事を調整し、アクティブに過ごすよう促してください。

こちらもお読みください:   猫の駆虫剤

さらに、飼い主の中には、不妊手術によって次のようなことが起きるのではないかと懸念する人もいます。 文字を変更する 彼らの犬の。これが当てはまる場合もありますが、ほとんどの犬は手術後も愛情深く、忠実で、遊び好きであり続けます。

犬の不妊手術、絶縁首輪
絶縁カラー

犬の不妊手術にかかる費用は?

不妊手術の費用は動物病院、犬種、体重によって異なります。一般に、犬の不妊手術には次のような費用がかかります。 200ユーロと500ユーロ.

滅菌は義務ですか?

これは義務ではありませんが、 しかし とてもお勧めです。去勢手術は犬に多くの健康上の利点をもたらし、捨てられるペットの数を減らすのに役立ちます。保護施設から犬を引き取る場合、それがメスであれば計画的に不妊手術が行われます。

犬の避妊・去勢手術を検討している場合は、この決定について獣医師に相談するとよいでしょう。彼はあなたにアドバイスを与え、ペットの手術を受ける最適な時期を選択するのを助けることができます。

  • フローレンス・ルバートン

    フローレンス・ルバートンは情熱的なペット愛好家であり、ペットの飼い主でもあります。フローレンスは、毛皮で覆われた仲間を世話するための最良の方法をペットの飼い主に教育することに人生を捧げてきました。トレーニング、栄養、グルーミング、行動に至るまで、彼女は豊富な知識を持っており、ペットの飼い主が動物についてよりよく理解できるよう、それらを飼い主と共有するのが大好きです。

ニュースレターの更新

電子メール アドレスを入力してニュースレターを購読し、最新ニュースを受け取ります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です