犬のダニ

犬のダニ

読書の時間 : 3

犬のダニというのは、 寄生虫 私たちの四本足の友人の間でよく見られる病気で、すぐに発見して治療しないと多くの健康上の問題を引き起こす可能性があります。これらの寄生虫は世界の多くの地域に存在し、ライム病やロッキー山紅斑熱などの重篤な病気を媒介する可能性があります。犬の飼い主は、犬に関連するリスクを認識する必要があります。 ダニ、ペットを守るために取るべき対策も含めて。この記事では、さまざまな点について説明します。 ダニの種類 犬に影響を与えるもの、 症状 犬がダニに刺されるリスクを最小限に抑えるために注意すべきこと、利用可能な治療法、予防策

私のペットのどこが犬ダニに刺される危険がありますか?

マダニは世界の多くの地域で見られますが、樹木が茂った地域、草原、湿地、および植生が密集した地域でより一般的になる傾向があります。マダニがよく発生する地域に住んでいる場合、森やハイキング、公園、さらには自宅の裏庭を歩いているときに犬が噛まれる可能性があります。

こちらもお読みください:   高齢の犬や猫: ペットの生活習慣を適応させる方法

犬がダニに刺される場所はどこですか?

マダニは犬の体のほぼどこにでも付着しますが、皮膚が薄く毛が多い場所を好みます。最も一般的にはダニが見つかります。

  • 耳に、
  • 頭のうえ、
  • 首の中で、
  • 足に、
  • 腹部に、
  • 肛門領域で。

ダニを早く取り除くほど病気が伝染する可能性が低くなるため、犬のダニを定期的にチェックする必要があります。

犬のダニに刺されるとどんな症状が出るの?

犬がダニに刺された可能性のある兆候はいくつかあります。最初は、犬の皮膚にダニを触ったり、見たりするかもしれません。マダニは肉眼で見える寄生虫で、通常はゴマ粒ほどの大きさの小さなクモに似ています。

次に、犬の皮膚に赤みや炎症を起こした部分が見られる場合がありますが、これはダニ刺されに対する皮膚反応の兆候である可能性があります。

したがって、ダニが病気を媒介している場合、犬は次のような症状を示す可能性があります。

  • 食欲減少、
  • 関節痛、
  • ダニに刺された周囲が赤くなったり炎症を起こしたりする
  • 患部のかゆみ、灼熱感、または痛み
  • 皮膚感染症
  • 患部の脱毛
  • 発熱、倦怠感、貧血などの一般症状(ダニ媒介疾患に感染した場合)
こちらもお読みください:   冷却マット 🧊 🐶 犬: ペットを暑さから守ります

また、特にマダニがよく発生する地域に住んでいる場合は、犬のマダニの有無を定期的にチェックすることが重要です。マダニを見つけた場合は、病気の伝播のリスクを最小限に抑えるためにすぐに取り除くことが重要です

ダニにはどんな種類があるの?

まず、ダニには多くの種類があり、犬に影響を与える最も一般的な種類は次のとおりです。

犬のダニ(リピケファルス・サンギネウス)これは犬にとって最も一般的なダニであり、世界の多くの地域で見られます。通常、犬の足や腹部に付着します。
茶色のダニ (Rhipicephalus annulatus) 暑くて乾燥した地域でより一般的です。通常、犬の頭、首、足に付着します。
耳ダニ (Otobius megnini)通常、犬の耳に見られます。暑くて乾燥した地域でより一般的です。
冬ダニ (Dermacentor albipictus) 一般に寒冷地域と温帯地域で見られます。犬の足、首、頭に取り付けます。
犬のダニのさまざまな種類

さまざまなダニによって伝染する病気

犬にさまざまな病気を伝染させる可能性のあるダニにはさまざまな種類があります。たとえば、犬の一般的なダニ媒介性疾患と関連するダニの種類の例をいくつか示します。

  • そこには ライム病 : マダニ Ixodes scapularis または Ixodes pacificus によって伝染します。
  • エールリヒア症:ダニ Rhipicephilus Sanguineus および Amblyomma americanum によって伝染します。
  • そこには バベシア症 : マダニによって伝染する リピケファルス・サンギネウス.
  • アナプラズマ症: Ixodes scapularis および Ixodes pacificus マダニによって伝染します。
  • ロッキー山紅斑熱:マダニ Dermacentor variabilis によって伝染します。
こちらもお読みください:   ペットに保険をかける

さらに、すべての種類のダニが同じ病気を媒介するわけではないことに注意する必要があります。実際、あなたの犬が曝露されたダニの種類を知ることは役に立ちます。これにより、病気の伝染を防ぐための適切な措置を講じることができます。

犬のダニ刺されを治療するにはどのような治療法がありますか?

症状はダニの種類とそれが媒介する病気によって異なります。一般的な症状は次のとおりです。

あなたの犬を診察したときに、これらの症状のいくつかが現れていることに気づいた場合は、必ず獣医師に相談してください。その後、症状の重症度やダニによって伝染する可能性のある病気に応じて、適切な治療法を処方します。

治療には次のような選択肢があります。

  • ダニの除去
    感染のリスクを最小限に抑えるために、ダニをすぐに取り除くことが重要です。
  • 抗生物質
    マダニが細菌感染症を媒介した場合、獣医師は抗生物質を処方することがあります。
  • 駆虫薬
    将来のダニの侵入を防ぐために、獣医師は犬にダニが付着するのを防ぐ抗寄生虫薬を処方する場合があります。
  • 鎮痛剤または抗炎症剤
    犬に痛みや炎症がある場合は、症状を和らげるために鎮痛剤や抗炎症剤が処方されます。
  • スキンケア
    患部が感染している場合、獣医師は感染を治すためのスキンケアを推奨します。

結局のところ、犬のダニを定期的に監視し、すぐにダニを取り除く必要があります。刺されたことに気づいたら、次のことを行ってください。 獣医師に相談してください 犬が噛まれた後に症状が現れた場合。

  • フローレンス・ルバートン

    フローレンス・ルバートンは情熱的なペット愛好家であり、ペットの飼い主でもあります。フローレンスは、毛皮で覆われた仲間を世話するための最良の方法をペットの飼い主に教育することに人生を捧げてきました。トレーニング、栄養、グルーミング、行動に至るまで、彼女は豊富な知識を持っており、ペットの飼い主が動物についてよりよく理解できるよう、それらを飼い主と共有するのが大好きです。

ニュースレターの更新

電子メール アドレスを入力してニュースレターを購読し、最新ニュースを受け取ります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です