ソファの上のボクサー犬

ボクサー:家族向けの犬種

読書の時間 : 5

ボクサーというのは、 犬種 彼女の忠誠心、エネルギー、ユニークな個性が高く評価されています。直立した耳、短い銃口、力強い筋肉組織を持つボクサーは、簡単に見分けられます。ドイツ原産のこの犬種は 1800 年代に初めて登場し、現在ではその魅力的な性格と飼い主への忠誠心により、世界中で人気の犬種となっています。この記事では、ボクサー犬種について、その外見、性格、ケアとメンテナンスの必要性、大衆文化における役割などを詳しく見ていきます。したがって、あなたがボクサーの飼い主であっても、単に犬愛好家であっても、この魅力的な犬種について知っておくべきことはすべて見つかります。

ボクサー:犬種の起源と歴史

ボクサーというのは、 犬種 19世紀に初めて品種改良されたドイツ犬。ボクサーの祖先は、ドイツで狩猟犬やイノシシを狩るために使われていた狩猟犬でした。実際、最初のボクサーは、 イングリッシュブルドッグ、 の マスティフ そして他の犬種。

「ボクサー」という名前は、ボクサーのように後足で立って前足で攻撃するという自然な傾向からこの犬種に選ばれました。ボクサーは当初、ドイツの肉屋や農家の使役犬として使われていました。しかし、この犬種は、その魅力的な性格特性と飼い主への忠誠心により、すぐに人気が高まりました。

ボクサーの子犬

ボクサー:身体的特徴

ボクサーは強力な筋肉質とコンパクトな体、そして短くて広い銃口を持っています。ボクサーの耳は自然に立ち上がっており、被毛は短くて光沢があります。

ボクサーのサイズと重さ

甲部分のサイズ 重さ
57~63cm30~35kg
女性 53~59cm 25~30kg
大人のボクサーのサイズと重量

ボクサーコートの色

ボクサーの被毛は短く、光沢があり滑らかで、数色あります。最も一般的な色はフォーンで、明るい色から暗い色までさまざまですが、黒い毛皮や黒い毛皮のボクサーもあります。 ブリンドル.

子鹿は均一である場合もあれば、腹部、首、脚、頭に白い模様がある場合もあります。白いマーキングのあるフォーンボクサーは、「ホワイトマーキングボクサー」または「ホワイトボクサー」と呼ばれることがよくあります。純白はその品種にとって許容される色ではなく、過度の白い斑点または大きな白い斑点の存在は品種基準に適合していないとみなされる可能性があることに注意してください。

こちらもお読みください:   なぜバーニーズ・マウンテン・ドッグはソーシャルネットワーク上で現実的な現象になったのでしょうか?

黒人のボクサー あまり一般的ではありませんが、同じくらい美しいです。子鹿のボクサーに似た白い斑点のある黒い毛皮を持っています。ザ ブリンドルボクサー 子鹿または赤の背景に茶色または黒の縞模様のコートを着ています。

いずれの場合も、ボクサーの被毛は光沢があり、滑らかで、体によくフィットしていなければなりません。毛色に関係なく、ボクサーは魅力的で愛情深い気質を持っているため、ペットとして人気があります。

3匹のボクサーの子犬

ボクサーの性格と行動

一般的な気質

ボクサーは魅力的で愛情深い気質を持っています。家族に対してとても忠実で、飼い主と一緒に過ごすのが大好きです。ボクサーは保護犬でもあり、家族を見守り、見知らぬ人をよく疑います。これにより、優れた番犬になります。

運動の必要性

ボクサーは非常にエネルギッシュで遊び心のある犬でもあります。つまり、健康で幸せを保つためには毎日の運動が必要であり、飼い主やおもちゃと遊ぶことを楽しんでいます。ただし、ボクサーは若い頃は非常にやんちゃで、プレー中は非常に熱心になる傾向があることに注意する必要があります。

トレーニングと社会化のニーズ

ボクサーはもともと使役犬であったため、非常に賢く、しつけが容易です。彼は訓練に非常に敏感で、服従、敏捷性、捜索救助などの多くの任務について訓練を受けることができます。

子供や他の動物との関係

最後に、ボクサーは子供好きでも知られています。彼は非常に忍耐強く、子供に対して優しい犬なので、次の犬としてよく勧められます。 家族向けの犬種 子供たちと。家の他の動物ともとても社交的です。

ボクサーによくある健康上の問題

他の犬種と同様に、ボクサーもいくつかの一般的な健康上の問題を引き起こす可能性があります。ボクサーに最も一般的な健康問題のいくつかを以下に示します。

  • がん:ボクサーは、リンパ腫、軟部肉腫、黒色腫、皮膚がんなど、いくつかの種類のがんにかかりやすいです。
  • 心臓の問題:ボクサーは、拡張型心筋症や大動脈弁狭窄症など、特定の心臓の問題を起こしやすい傾向もあります。
  • アレルギー:ボクサーは食物、環境、接触アレルギーを起こしやすい可能性があります。
  • 呼吸器系の問題: ボクサーは時々呼吸器系の問題に悩まされ、短くてコンパクトな頭と銃口が原因で短頭症症候群を発症する人もいます。
  • 股関節形成不全:股関節形成不全は、ボクサー、特に高齢者に影響を与える可能性のある関節疾患です。痛みや不快感を引き起こす可能性があります。
こちらもお読みください:   ドーグ・ド・ボルドー: 家族全員にとって愛情深く印象的な犬

これらの健康上の問題を予防または治療するには、ボクサーが定期的に獣医のケアを受けることが重要です。実際、子犬の両親にスクリーニング検査を実施して、これらの健康上の問題に対する遺伝的素因がないことを確認する、信頼できるブリーダーを選択する必要があります。

ボクサーの健康を維持するためのヒント

ボクサーを健康に保つためのヒントをいくつか紹介します。

  1. 運動:ボクサーは非常に精力的な犬であり、健康を維持するために毎日の運動が必要です。定期的に散歩に連れて行ったり、遊んだり走り回ったりして、十分な運動をさせてください。
  2. バランスの取れた食事: ボクサーは健康を維持するために、バランスのとれた質の高い食事が必要です。そのためには、年齢と活動レベルに合わせた高品質の食事を与えるようにしてください。健康上の問題を引き起こす可能性のある脂肪分や豊富な食品は避けてください。
  3. ストレスの多い状況を避ける: ボクサーはストレスに敏感であり、健康に影響を与える可能性があります。このため、ストレスの多い状況を可能な限り避け、十分な休息とリラックスの時間を確保する必要があります。

これらのヒントに従うことで、ボクサーを健康で幸せに保つことができます。

ソファの上のボクサー犬

お手入れとメンテナンス

  • 獣医師への定期的な訪問: ボクサーが健康であることを確認し、健康上の問題を早期に発見するために、獣医師を定期的に訪問することが重要です。
  • ワクチン接種と予防治療 : ボクサーのワクチン接種や予防治療を最新の状態に保つことを忘れないでください。 駆虫薬 そしてノミとダニの治療。
  • 衛生とお手入れ: ボクサーコートを定期的にブラッシングして、死んだ毛を取り除き、もつれを防ぎます。ボクサーには歯の衛生状態も必要です。そのため、定期的に歯を磨き、健康な歯と歯茎を維持できるように骨を噛ませるようにしてください。
こちらもお読みください:   ジャーマン・スピッツ:遊び心とエレガントな相棒

食事と栄養

食事と栄養はボクサーの健康にとって重要な側面です。ボクサーのための食事と栄養のヒントをいくつか紹介します。

  1. バランスの取れた食事 : ボクサーは健康を維持するために、バランスの取れた質の高い食事が必要です。このため、年齢と活動レベルに合わせた高品質の餌を与える必要があります。健康上の問題を引き起こす可能性のある脂肪分や豊富な食品は避けてください。
  2. 食事の量: ボクサーは体重が増えやすい傾向があるため、食事の量を監視することが不可欠です。ボクサーの年齢、体重、活動レベルに基づいて適切な食事量を決定するためのアドバイスを獣医師に求めてください。
  3. 食事の頻度: ボクサーは、大量の食事ではなく、1 日を通して数回の少量の食事を必要とします。あなたのボクサーは少なくとも 1 日に 2 食は食べることを望んでいます。
  4. 高品質のタンパク質:ボクサーは筋肉量を維持するために、高品質のタンパク質が豊富な食事を必要とします。ボクサーの良質なタンパク質源には、鶏肉、牛肉、豚肉、魚が含まれることに注意してください。
  5. ビタミンとミネラル:ボクサーは健康を維持するためにビタミンとミネラルを必要とすることに注意してください。したがって、ビタミンE、ビタミンC、亜鉛、セレンなどの必須ビタミンやミネラルが十分な量の食事に含まれていることを確認してください。
  6. 清潔で新鮮な水: 脱水症状を防ぐために、ボクサーが一日中清潔で新鮮な水にアクセスできるようにしてください。

結論

ボクサーを終わらせるには、 犬種 信じられないほど愛嬌があり忠誠心があり、健康で幸せを保つためには良い教育、定期的な運動、バランスの取れた食事が必要です。ボクサーは独特の性格を持っているため、多くの犬の飼い主に人気がありますが、健康面、特に一般的な心臓や呼吸器系の問題については特別な注意が必要です。ボクサーを飼うことを選択するということは、ペットに生涯を通じて適切なケアを提供することを約束することになるのは明らかです。そうは言っても、適切なトレーニングと世話をすれば、あなたのボクサーは今後何年にもわたって愛情深く、忠実で幸せな仲間になることができます。

  • フローレンス・ルバートン

    フローレンス・ルバートンは情熱的なペット愛好家であり、ペットの飼い主でもあります。フローレンスは、毛皮で覆われた仲間を世話するための最良の方法をペットの飼い主に教育することに人生を捧げてきました。トレーニング、栄養、グルーミング、行動に至るまで、彼女は豊富な知識を持っており、ペットの飼い主が動物についてよりよく理解できるよう、それらを飼い主と共有するのが大好きです。

ニュースレターの更新

電子メール アドレスを入力してニュースレターを購読し、最新ニュースを受け取ります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です