夜に吠える犬

犬の吠え声、近所からの苦情、どう対処すればいいの?

読書の時間 : 4

あなたは犬を愛しています。可愛くて愛情深い、大切な家族の一員です。しかし、問題があります。あなたの犬はいつも吠えており、近所の人から苦情が来始めています。何をするか ?

この記事では、次のことについて説明します。

  • 犬が吠える原因は何でしょうか?
  • これはいつ問題になるのですか?
  • 隣人があなたの犬の無駄吠えについて苦情を言ったらどうしますか?

犬の鳴き声を理解する

犬はさまざまな方法でコミュニケーションをとりますが、主に吠えることでコミュニケーションをとり、それはさまざまな意味を持ちます。吠えることは、犬が次のようなさまざまな感情や意図を表現するために使用する自然な行動です。

  • 喜び、
  • 興奮、
  • 不安、
  • 恐怖、
  • 欲求不満、
  • 痛み、
  • あるいは怒りさえも。

ただし、過度の吠えは行動上の問題を示している可能性もあります。

吠え方はいくつかの種類に分類できます。

  • 縄張り吠え : 犬が自分の縄張りを守るため、または侵入者に警告するために吠えるときに発生します。
  • 吠える遊びをする : 遊び中に発生し、しっぽを振る動きやリラックスした体の動作を伴うことがよくあります。
  • 注意を引くために吠える : 犬が食べ物や注意を求めて吠えるときに発生します。
  • 恐怖の吠え声 :これらは、犬が脅威や危険を察知した場合、または孤独や不安を感じたときに吠えるときに起こります。

近隣への騒音影響は?

犬の鳴き声の頻度、音量、ピッチも犬によって異なります。猟犬などの一部の品種は、大きく響く鳴き声で知られています。一方、小型の愛玩犬などの他の犬は、はるかに高いピッチで吠える傾向があります。

大きな犬が吠える

犬の吠え:それが問題になるのはどんな時ですか?

まず第一に、次のことを言わなければなりません。 吠える犬 それが過剰であったり、犬の環境やコミュニティを破壊したりすると、すぐに問題になる可能性があります。ザ 過度の無駄吠え 次のような根本的な問題の兆候である可能性があります。

  • 退屈、
  • 不安
  • または社交性の欠如。
こちらもお読みください:   なぜ猫はいつも鳴くのでしょうか?

その後、近隣住民からの苦情や法的な問題につながる可能性があります。

犬が過度に吠えたり、問題を抱えて吠えたりする一般的な兆候をいくつか示します。

  • 長時間吠える あるいは昼も夜もずっと
  • 一般的な刺激または脅威ではない刺激に反応して吠える通過する車や歩いている人など
  • 非常にうるさい吠え声、隣人や地域社会に対して執拗または妨害的なもの
  • 続く吠え声 犬を落ち着かせようとしても
  • 破壊的な行動を伴う吠え またはその他の苦痛の兆候

場合によっては、犬が吠えたり、住宅の平和や隣人の睡眠を妨害したりすると、法的責任が生じる可能性があります。現地の法律や条例により、犬が吠える時間を制限したり、飼い主に吠える措置を講じるよう要求したりする場合があります。 過度の無駄吠えを制御する.

犬の無駄吠えに対する実用的な解決策

過剰な犬の吠えに対処するのに役立ついくつかの解決策:

  1. 根本的な原因を特定する : 解決策を探す前に、無駄吠えの根本的な原因を特定することが重要です。これには、退屈、不安、恐怖、運動不足などの問題が含まれる場合があります。
  2. 犬が夢中になれるようにおもちゃを与えてください :犬は退屈から吠えることがあります。犬が夢中になれる新しいおもちゃを与えると、無駄吠えを減らすことができます。
  3. 犬をもっと運動させるために連れて行ってください : 犬の心身の健康のためには、定期的な運動が必要です。犬をもっと運動させると、無駄吠えを減らすことができます。
  4. トレーニングテクニックを活用する :リコールトレーニングなどのトレーニング技術は、過剰な吠えを制御するのに役立ちます。

根本的な原因を特定し、犬が夢中になれるおもちゃを提供し、運動量を増やし、トレーニング手法を使用し、専門家に相談することで、犬の飼い主は過度の無駄吠えを減らし、健康状態を改善することができます。

こちらもお読みください:   訓練しやすい犬種トップ10?トレーニングを楽しくやりがいのあるものにする犬の仲間たち

吠える犬:専門家に相談してください

場合によっては、過剰な吠えは病気の兆候である可能性があります。 問題行動 最も重要な。したがって、飼い主が根本的な原因を特定し、適切に治療することが重要です。これにはトレーニングや行動修正テクニックが含まれる場合があるため、専門家に助けを求めてください。 獣医 または 動物行動学者 賢明であることが分かるかもしれない。

犬の行動学者は、吠えの根本的な原因を特定し、吠えることを軽減または完全になくすための解決策を提案するのを手助けします。獣医師は、この問題を解決するために何をすべきかについてアドバイスすることもできます。

犬用の無駄吠え防止首輪または電気首輪

これらの首輪は一見簡単に見えますが、その倫理的な意味と犬の健康への影響を考慮することが不可欠です。したがって、このソリューションに頼る前に、考えられるすべての代替案を検討することが依然として賢明なアプローチです。

無駄吠え防止首輪はすべて同じ原理で動作します。彼らは、吠えるたびに否定的な反応を引き起こすことで、犬が吠えるのを思いとどまらせることを目的としています。

  • 音を発することで、
  • 不快なスプレーを引き起こすことで、
  • あるいは、犬が吠えたときに電気ショックを与えることによっても可能です。

しかし、見かけの効果にもかかわらず、電気ショックは犬に痛みや不快感を引き起こし、長期にわたる重大な行動上の問題を引き起こす可能性があります。

さらに、無駄吠え防止首輪の使用は動物虐待の一形態とみなされる可能性があります。これらの首輪は痛みや不快感を引き起こす可能性があり、犬によってはそのような器具を装着していると不安になったりストレスを感じる場合があります。

したがって、これらのデバイスは専門家の監督の下でのみ慎重に使用する必要があることを強調することが重要です。

結論

犬の無駄吠えが過度であったり、環境や地域社会に破壊的であったりする場合、問題になる可能性があります。飼い主は根本的な原因を特定し、それに対処するための適切な措置を講じる必要があります。そうすることで、犬の健康状態が改善され、近所の人からの苦情が減り、周囲の環境に平穏が戻ります。

こちらもお読みください:   なぜ猫は一夜にして消えてしまうのでしょうか?

よくある質問

犬の吠えは健康上の問題を引き起こす可能性がありますか?

過度の吠えはストレスや不安を引き起こし、健康に影響を与える可能性があります。無駄吠えの問題を解決することは、犬と人間の健康にとって重要です。

犬は夜にしか吠えませんか?

いいえ、犬はいつでも吠えます。夜間の吠えは、隣人の睡眠を妨げるため、より問題となることがよくあります。

犬は吠えないように訓練できますか?

はい、適切な訓練を行えば、犬はまったく吠えないこと、または過剰な吠えを制限することを学ぶことができます。

犬が吠えるのをやめさせるにはどうすればよいですか

無駄吠えの根本的な原因を特定し、専門家と協力して無駄吠えを軽減または解消するための解決策を見つけてください。

無駄吠え防止首輪は効果があるのでしょうか?

バーク首輪は一部の犬には効果的ですが、これが唯一の解決策ではなく、犬の精神的および身体的健康に悪影響を及ぼす可能性があります。解決策を選択する前に、すべてのオプションを検討することが重要です。

無駄吠え防止首輪は犬にとって安全ですか?

無駄吠え防止首輪は犬の精神的および身体的健康に悪影響を与える可能性があります。解決策を選択する前に、すべてのオプションを検討することが重要です。

近所の人は犬の吠えについて苦情を言うことができますか?

はい、近所の人があなたの犬の無駄吠えについて苦情を言う可能性があります。問題を解決するための措置を講じるのはあなたの責任です。

犬の飼い主は犬が吠えることに責任があるのでしょうか?

はい、犬の飼い主は犬の過剰な吠えに責任があり、吠えを減らすか排除するための措置を講じる必要があります。

犬は退屈で吠えることがありますか?

はい、犬は退屈や運動不足から吠えることがあります。

  • フローレンス・ルバートン

    フローレンス・ルバートンは情熱的なペット愛好家であり、ペットの飼い主でもあります。フローレンスは、毛皮で覆われた仲間を世話するための最良の方法をペットの飼い主に教育することに人生を捧げてきました。トレーニング、栄養、グルーミング、行動に至るまで、彼女は豊富な知識を持っており、ペットの飼い主が動物についてよりよく理解できるよう、それらを飼い主と共有するのが大好きです。

ニュースレターの更新

電子メール アドレスを入力してニュースレターを購読し、最新ニュースを受け取ります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です