小型犬用キャリーバッグ

ペットと暮らしやすい街TOP10

読書の時間 : 4

毎年のように、2023年に犬と暮らすのに適した人口10万人以上の都市のリストが発表された。リール市は、2年前に1位を獲得したニースを王座から剥奪した。雑誌『30 Millions d’amis』は、特定の基準に従ってこのリストを作成しています。

分類 :

  1. リール
  2. ニース
  3. モンペリエ
  4. グルノーブル
  5. ボルドー
  6. ディジョン
  7. ミュルーズ
  8. トゥーロン
  9. ストラスブール
  10. ペルピニャン

北部の都市 リール、1位を受賞し、動物福祉に多大な投資を行っています。彼女は 動物愛護ガイド あなたができること オンラインで相談する.

動物福祉ガイド
動物愛護ガイド

の都市 ニース 彼女が 2 位に選ばれたのはいつですか、特にラベルを作成したことが理由です。 ペット可「」は犬を歓迎する観光施設を示します。市役所は市職員の犬の受け入れを許可した。

モンペリエ 市は、すべての公共交通機関での動物の無料乗り入れを許可したため、3 番目に受賞した都市です。

このリストを評価するために使用される基準は何ですか?

  • アクセシビリティ
  • 清潔さ
  • 認識と関与
  • 調停

動物と一緒に暮らすのに適した都市: 公共の場所でのアクセシビリティ

公共公園における犬の規則と条件はお住まいの地域によって異なる場合があります。ただし、発生する可能性のある一般的な状況をいくつか示します。

  1. ほとんどの公共公園では犬の同伴が許可されていますが、常にリードでつなぐ必要があります。一部の公園では、犬を安全に放すことができる特定のエリアを指定しています。
  2. 飼い主は犬の糞を拾い、適切なゴミ箱に捨てる責任があります。公園を清潔で誰もが快適に保つためには、このルールを遵守することが不可欠です。
  3. 公共の公園では、攻撃的な犬や制御不能な犬の立ち入りを禁止します。攻撃的な傾向がある犬を飼っている場合は、常にリードにつないで制御下に置くことが最善です。
  4. 一部の公園では、許可される犬のサイズと品種に関して特別な規則が設けられています。犬と一緒に公園に行く前に、地域のルールを確認することが重要です。
こちらもお読みください:   犬種: 家族にはどの犬種を選ぶべきですか?

要約すると、犬を公共の公園に連れて行きたい場合は、犬をリードで繋ぎ、糞を拾い、制御下に置き、すべての地域の規則に従うようにしなければなりません。

ペットと一緒に住みやすい街:ドッグラン

フランスの多くの都市には、「犬公園」または「ドッグパーク」とも呼ばれる犬用の公園があります。これらの公園は、安全で市の規則を尊重しながら、犬がストレスを発散し、他の犬と交流できるように特別に設計されています。

ドッグパークには、敏捷性の障害物、運動エリア、水の設備、犬の飼い主のためのベンチなどの施設が用意されています。飼い主は通常、常に動物を監督している限り、これらの公園に犬を放すことができます。

フランスでは、犬の飼い主や犬自身のニーズを満たすドッグパークを開発する都市が増えています。これにより、犬が運動できるようになるだけでなく、犬同士の事件や問題行動のリスクも軽減されるからです。

ドッグパークの使用に関する規則は都市によって異なる場合があることに注意することが重要です。したがって、犬の飼い主は、ペットと一緒にドッグランを訪れる前に、地域のルールを確認することをお勧めします。

ペットと一緒に住むのに適した都市: 公共交通機関の利用

フランスでは、公共交通機関への動物のアクセスに関する規則も各公共交通会社の方針によって異なりますが、あらゆる種類の公共交通機関に適用される法的規制があります。

こちらもお読みください:   犬の盗難:緊急警報!

一般に、フランスの運送会社は、犬、猫、小動物などのペットを電車、バス、地下鉄に乗せることを許可していますが、条件が定められています。小型犬の飼い主はペットをキャリーバッグに入れて運ぶ必要があり、大型犬の飼い主はペットをリードにつないで口輪をつけ、清潔にし、他の乗客の迷惑にならず、公共交通機関の設備を傷つけないようにする必要があります。

フランスでは、障害者権利法により、あらゆる種類の公共交通機関に盲導犬などの介助動物を乗せることが認められています。したがって、これらの動物の飼い主は制限なく動物を連れて行くことができます。

ただし、ポリシーは運送会社とフランスの地域によって異なる場合があることに注意してください。
ペットと一緒に旅行する前に、利用する予定の公共交通機関の規定を確認することをお勧めします。これを行うには、Web サイトを参照するか、直接連絡してください。こうすることで、ペットと介助動物に関するポリシーに関する具体的な情報を得ることができます。

ペットと一緒に住むのに適した都市: 交通機関

犬が公共の場所に行くにはワクチン接種が義務付けられていますか?

フランスでは犬や猫のワクチン接種は義務ではありません。 1999 年 1 月の法律によれば、特定の犬種はカテゴリー 1 および 2 に分類され、狂犬病ワクチン(狂犬病)の接種を受けなければなりません。

ただし、海外旅行を希望する場合、一部の国ではワクチン接種が義務付けられています。

同様に、動物を寄宿施設または繁殖施設に一定期間預けたい場合は、動物に対応するためのワクチン接種証明書の提出を求められる場合があります。ケネルクラブに登録したい場合と同じです。

フランスでは、特定の犬の病気の予防の一環として、犬のワクチン接種が義務付けられている場合があります。フランスにおける犬への強制予防接種は以下の通りです。

  1. フランスの法律によれば、カテゴリー 1 および 2 の犬のすべての飼い主は、その動物に狂犬病の予防接種を受けさせなければなりません。子犬は生後3か月からワクチン接種を受け、毎年追加接種を受けます。
  2. に対するワクチン接種 レプトスピラ症 : レプトスピラ症に対するワクチン接種もすべての犬に義務付けられています。ジステンパーや犬肝炎などのいくつかの一般的な病気を防ぐ多価ワクチンには、通常、レプトスピラ症に対するワクチン接種が含まれています
こちらもお読みください:   猫の盗難: この惨劇から猫を守るにはどうすればよいでしょうか?

また、犬のワクチン接種は、次のような他の犬の病気に対しても強く推奨されることを知っておく必要があります。 ケンネルコフ そしてその パルボウイルス。獣医師は、犬の年齢、品種、ライフスタイルに基づいて他のワクチン接種を推奨する場合があります。ペットの年次訪問の際に、それについて彼と話すことができます。

結論としては

結論として、ペットに優しい街に住むことは、ペットの飼い主だけでなく、動物たち自身にとっても有益です。犬のための緑地、ドッグパーク、獣医サービス、ペットのための公共施設を提供する都市は、より健康で幸せな、より包括的なコミュニティを生み出します。

フランスでは、多くの都市がペットの飼い主のニーズを満たすさまざまなサービスを提供することで、ペットにさらに優しい取り組みを行っています。地元企業のペットフレンドリー化を促進する政策を策定する都市も増えている。

最終的に、ペットに優しい都市に住むことは、ペットの飼い主の生活の質の向上、ペットの飼い主と動物の間の社会的交流の拡大、動物に対するより敬意を持った幸せなコミュニティなど、多くのメリットをもたらすことができます。

  • フローレンス・ルバートン

    フローレンス・ルバートンは情熱的なペット愛好家であり、ペットの飼い主でもあります。フローレンスは、毛皮で覆われた仲間を世話するための最良の方法をペットの飼い主に教育することに人生を捧げてきました。トレーニング、栄養、グルーミング、行動に至るまで、彼女は豊富な知識を持っており、ペットの飼い主が動物についてよりよく理解できるよう、それらを飼い主と共有するのが大好きです。

ニュースレターの更新

電子メール アドレスを入力してニュースレターを購読し、最新ニュースを受け取ります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です